HOMEREPAIR > 修理について

ケアーズ修理工房

 森下本店3階フロアを全面的に修理工房として(受付2階)、多数の職人が、整った専門設備を駆使し、技術力とドナー時計を含めた様々な部品を用いて、数多くのアンティークウォッチを修理しております。
 また、当店で販売した時計のみのサービスとして、アンティークウォッチの魅力を最大限愉しめるシースルーバック加工も承っております。
 今後も、お客様に信頼され続ける、アンティークウォッチ修理専門店を目指して参ります。

  

オーバーホール(分解掃除)

 アンティークに限らずどんな時計にも定期メンテナンスは必要です。特に機械式時計においては部品と部品の摩擦が生じる箇所の油の有無がその時計の寿命に大きく関わってくる場合があります。
 油は劣化、酸化し約3~5年ほどでなくなってきます。油がないまま時計を使用することは金属の摩擦を大きくし、部品の磨耗、金属疲労につながり時計の寿命に大きく影響します。そのため、油がなくなる前後の3~4年を目安に定期的にオーバーホールすることで常にいい状態でお使いいただくことができます。さびが多く生じた機械は油の持ちが悪く1年持たないものもありますので同じ機械式時計でも状態によって大きく異なることがあります。

 当店では下記の手順にてオーバーホールを行っております。

 

担当の技術者が時計の現状を見て修理しながら分解します。

 
   
 

部品を専用の洗浄機(洗浄・すすぎ・すすぎ・乾燥の4工程)にて古くなった油や汚れなどをきれいに落とします。それでも落ちないくすみや汚れは可能な限り磨きあげます。

   
   
 

用途に応じて数種類の油を使い分け、油を差し点検・調整しながら組み上げます。この工程では歩度、振り角、チラネジ・チラ座・天輪バランスの微調整をし精度を上げる調整を行っております。

   
   
 

検査機で精度をチェック・調整、動作の検査(1週間~2週間)、持続時間の検査、外装検査で完了です。

オーバーホール料金

 こちらをご覧下さい。

 なお、当店でお買い求めいただいた時計のオーバーホール基本料金は通常料金の30%OFFで
お承りしております。
 お持ち込みの際は保証書のご提示をお願い致します。

アンティークウォッチの部品交換

 一部時計メーカーなどとは違い、当修理工房では分業制ではなく担当の技術者が始めから終わりまで責任持って修理を行っております。

 分業制では、特定の修理に長けた技術者は育ちますが何でもこなせる技術者は育たないと考えております。言い換えれば、技術者の技術力に差が出ないことを常に目指しております。

保証内容

  • 当店にてオーバーホールを含む修理を行った時計の自然故障に対しては、6ヶ月間の保証がつきます。また、部分修理などにつきましては、保証はつきません。
  • 現在、諸事情により一部のモデルの修理受付を一時的にお断りしております。
    受付再開の目処が立ち次第ご案内いたします。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
例えば
正常な取扱いにおいての止まり
時間の誤差修正
針取れ
針ずれ直し
巻芯抜け
巻芯からのリューズゆるみ
カレンダーずれ
例外
部分修理は基本的に保証対象外になりますが、全くの同一箇所そして同一部品による再修理が発生した場合のみ、無償となります。
  • 保証期間内であっても有償扱いになってしまう主な内容は、下記の通りです。
例えば
外装部品の交換、及び修理 (ケース・ベゼル・裏ブタ・ブレスレット・風防・リューズ・チューブ)
ゼンマイ切れ
巻芯折れ
磁気帯び
水入り(風防内結露も含む)
天芯折れ等のムーブメント内の部品欠損
ご自分で裏ブタを開けてしまった
保証期間中、他店様で修理をなされた
天災・人災による故障、及び破損

【お問い合わせ先】

修理工房
〒135-0004
東京都江東区森下1-14-9 2F
TEL・FAX 03-3634-5123
repair@antiquewatch-carese.com

注意事項

  • 当店では基本的にアンティークの腕時計と一部懐中時計の修理を受け付けております。お預かり期間は、シンプルな手巻・自動巻のものは約1.5ヶ月、それより複雑なものは約2~3ヶ月となっております。
  • 見積り修理は大変な手間がかかるため、完了までの期間が通常よりも長くなる場合や、部品が破損していてキャンセルとなった時、復元できず元の状態でご返却できない場合もございます。
  • 完全分解の見積り対応はできないため、おおよその修理内容と金額になります。
  • 時計のコンディションにより一部条件付となる場合をはじめ、若干の内容や金額の変更があり追加料金が完了後に請求となる場合や、修理不能の場合がございますので、あくまでも目安としてご検討ください。また、オーバーホールを含まない修理については、全くの同一箇所以外の時と部品の破損等は保証対象外となる場合がございます。
  • 基本的にリューズと、その他の内装部品は中古部品を使用いたします。
  • 全てのモデルにおいて風防交換・リューズ交換については、当時のものと同型純正品には交換できない場合がございます。
  • クロノグラフに代表される複雑時計や、水・汗が浸入した時計はお見積り対応いたしかねます。水分が浸入したものは、水分除去のため至急分解して作業を行わないと、さびが発生して使用不可能となってしまい、時間の猶予が無いためです。(至急扱いとなってしまうため、オーバーホール基本代金のみ20%割り増しとなります)
  • 音叉式 (エレクトロニック)、ハミルトンパルサー(発光ダイオード式) タイプは部品入手が不可能なため、電池交換のみの修理受付となります。