HOME > CONCEPT

CONCEPT

 アンティークウォッチの修理専門の会社として、平成元年にケアーズはスタートいたしました。そこから20年以上経った現在では、古いものに魅了された約20人の販売・修理スタッフが働いております。

 我々は、時計に限らず古いものの優れたデザイン性、作りの素晴らしさ、クオリティーの高さにこそ価値があると考えております。その中でも時計は、古くてもきれいなコンディションのものを、技術のある職人が適切なメンテナンスすることで、永きにわたり日常使用することが可能です。時計は同じアンティークというカテゴリーにおいても美術品などとは違い、見て楽しむだけではなく “使って楽しめる” という最大の利点があります。

 一方で、時計を末永くご愛用頂く為に、修理は不可欠な要素です。ショップ名 “ケアーズ” の “ケア” はアフターケアからとっており、当店はオープンした当初から修理に重きを置いてまいりました。現在は30代の若い職人からベテラン職人までの幅広い技術力を集結することで、日々数多くの時計を修理しております。今後もこれまで以上に皆様に愛される、信頼の置けるショップを目指してまいります。

森下本店

 アンティークウォッチを販売するにあたり、自身も収集家であったオーナーは、リペアとアフターケアは必要不可欠なものであると感じ、ショップオープンの前にまずは修理がしっかりできる体制を整えようと考えました。

 約20年前に江東区森下にケアーズ森下本店をオープン、現在もそのコンセプトは変わらず、1階がメンズのアンティークウォッチ専門店、2階・3階を修理受付、工房というスタイルで営業しております。修理工房を併設しておりますので、“ちょっとした修理ならその場で対応し、すぐにお持ち帰りいただく”ことも大切なサービスであり、ケアーズならではのサービスであると考えております。

 1930年代製から1960年代製までを中心に、数ある時計メーカーの中でも、そのメーカーの機械が特に優れていたり、現在の量産品と比べコストパフォーマンスが高いと思われるもの、そしてメーカーの特徴が良く出たモデルを海外にて買い付け、販売しております。

 古いものだからこそ楽しめる細部までこだわったデザイン、耐久性とメンテナンス性を考え作られたムーブメント=ロービートムーブが最も優れた時計であると我々は考えます。

 販売する時計は全て自社内でメンテナンスし、1年保証をお付けして販売しております。

表参道ヒルズ店

 当店は、レディースアンティークウォッチの素晴らしさに多くの方々に触れていただきたく、2006年2月、表参道ヒルズの開業と共に、アンティークウォッチのレディース専門店をオープン致しました。

 レディース時計は、メンズ時計の開発の後に同様の技術や構造が反映されることが多いため、同じメーカーによって同時期に作られた時計のクオリティーに差は感じられません。メンズと同様に耐久性の高いムーブメントを使用した当時のレディースウォッチは現代のクオーツが主流の時計とは"異なるもの"と考えております。アールデコが流行した1920年代からモダンデザインが流行した1970年代までの、個性豊か且つ完成度の高いレディースウォッチに特化した専門店です。国内外を問わずアンティークのレディースウォッチのみのショップは世界でも例を見ません。

 古いゆえに時間がズレやすい、壊れやすい、使い方が難しいとお考えの方でも、丁寧な説明と約20年で培ったノウハウを大いに活かし、お客様が安心してお使いいただける時計の販売をしてまいります。

 表参道ヒルズ店ではロレックス、オメガを中心に稀少なカルティエやティファニー、パテック・フィリップなど、ビギナーの方からコレクターの方までどんなお客様にもご満足いただける専門店ならではの品揃えでお迎え致します。

 販売する商品は全て自社工房にてメンテナンスし、1年保証をお付けして販売しております。

東京ミッドタウン店

ケアーズはオープンして以来一貫してアンティークの時計に拘り販売、修理をおこなってまいりました。これまで、多くのお客様とアンティーク時計のクオリティー、デザイン性の素晴らしさを共有してこれたと感じております。 2006年より、表参道ヒルズ内にレディース専門店をオープン、森下店をメンズ専門店とし展開して参りました。 この二店舗を営業するなかで、どちらの時計も一緒に見たいと言うお声をたくさんいただいてまいりました。そこで、2013年4月、ケアーズ東京ミッドタウン店を、ケアーズ初のメンズ、レディースを共に扱う店舗としてオープン致しました。

ケアーズ東京ミッドタウン店は既存店とは違うアプローチとして、ミッドタウン店で は従来通りアンティークの時計にこだわり続けるのはもちろん、今まで扱ってきたラインナップを中心に、取扱いが少なかった1960~1970年代のミニマルなデザイン、シンプルで実用性に向くアンティーク時計等にも幅を広げ取り扱ってまいります。アンティーク時計の持つ魅力はそのままに、より都会的で日々の生活に向けた実用的なラインナップを展開致します。 また、ベルトにも拘り、アンティーク時計に多い落ち着いたカラーリングだけでなく色や素材に変化のあるものも展開してまいります。

もちろん、ケアーズが最も大切に考えるメンテナンス、アフターケアに力を入れることに変わりはありません。コンディションに拘った仕入れはもちろん、森下本店の工房をより充実させ安心してお楽しみ頂けるアンティークウォッチの展開を心掛け努力してまいります。

ケアーズ東京ミッドタウン店は既存の概念を念頭に、メンズ、レディースの垣根なく商品構成をすることで、お客様からのニーズに対して柔軟に変化していけるお店であると考えております。

ここから、お客様と共に作るCARESEのニューステージが始まります。