HOMECONCEPT > アンティークの魅力

CONCEPT

 アンティークウォッチは一点ものであるため人と違う時計、いわば自分だけの時計です。

 1900年代初頭から1960年代(一部1970年代)までの機械式時計は世代を超えて使える耐久性に優れたものが多いため、数十年を経過した今でもごく普通に使うことができます。

 アンティークウォッチは電池式時計とは全く異なります。月差0~1秒の電池式時計に対してアンティークウォッチの多くは日差で数秒~数十秒の誤差が生じます。また、古いダイバーズウォッチでも日常生活防水程度としてお使いいただく必要があるため、クオーツ同様の精度や高い防水性を求める方にはアンティークウォッチをあまりお勧めしておりません。

 しかし、それを考慮してもアンティークウォッチを好む理由があります。"いい時計"="長く使える時計"と考えた場合、若干の誤差や高い防水性を備えなくとも、長い時を経て生まれた"味"や手間をかけて作られた時計ゆえの"質感"は現代の時計を上回るに充分な魅力です。使い方さえご理解いただければ、何不自由なくお気に入りの時計を身につけ楽しい時間を過ごすことができます。

ケース(時計本体の外枠の部分)
1910年代~1930年代 レクタングラーケース(長方形)やクッションケース(座布団のようなケースデザイン)、アシンメトリー(左右もしくは上下非対称のケース)などクラシックなものや独創的なものが多く見られます。
1940年代~1950年代 様々なデザインのドロップラグやクリップ式やビス留め式防水ケースの多くはこの年代に見られます。また、1930年代ごろからカラトラバタイプのフラットベゼルやステップベゼルも見ることができます。
1960年代 幅の広いラグや大きく厚みのあるケースなど、一部にこの年代独特の世界観が見られます。スポーツ系の時計は大きく厚くなり、ドレス系の時計は機械の薄型化に成功するなどケースに関しては2つに分かれた年代です。
ダイアル(文字盤)
1910年代~1940年代 アールデコの象徴的なダイアル自体を彫り込んだものや、ダイアルを焼けから守るために考案された陶製のものなどいかにも古いと感じられるものが多く"アンティーク"という雰囲気はこの年代が最も象徴的です。また、ツートーンやスリートーンなど色やトーンに差をつけた手の込んだ作りのものが見られます。
1950年代 パウダーホワイトと呼ばれる粉雪のような質感のダイアルやギョウシェ彫りのものなど、それ以前とはひと味違った表情を感じることができます。
1960年代 ややポップなカラーリングや色の組み合わせなど、ファッションに合ったデザイン性豊かな年代ともいえます。グラデーションのダイアルが作られるようになったのもこのころからです。
針
1910年代~1930年代 懐中時計と同じように青焼き(ブルースチール)のブレゲ針やひし形フレームの針など繊細な作りのものや凝った形のものなど多様なデザインが見られます。
1940年代~1960年代 しっかりとした作りでありながら繊細さが感じられるものが多く見られます。リーフ針は40年代までに多く見られ、アルファ針やドルフィン針など先が尖った形はちょうど60年代までで、70年代以降は現代と変わらないデザインになりますので、60年代までの時計は現代の時計と見た目の印象が異なるものが多く見られます。
インデックス(時間を示す文字盤上の目印)
1910年代~1940年代 アールデコ調の書体や、ブレゲ数字、ローマ数字などが見られます。焼き付け、プリント、アップライト(植字)、夜光塗料などあらゆる種類が見られるのはこのころまででしょう。
1950年代 それまであった夜光塗料を使ったインデックスやプリントのものはほとんどなくなり、アラビア数字やクサビを用いたアップライト(植字)インデックスが主流になります。
1960年代 アラビア数字があまり使われなくなり、どんどんシンプルでモダンな洗練されたデザインに変わっていきます。
ムーブメント(機械)
1910年代~1940年代
(開発期)
当時はほとんどの時計が手巻きで耐震装置がありませんでした。また、ヒゲゼンマイの素材が鉄であったため磁気の影響を受けやすいという問題点がありました。しかし、当時腕時計自体が超高級品であったためそれが当時の最高水準の技術でした。それまで主流だった懐中時計に変わり40年代には腕時計が主流となり、HARWOODやAUTOLISTをはじめ、自動巻きの機械を開発すべく凌ぎを削っていましたが、1930年代にROLEXが"PERPETUAL"と称した自動巻きムーブメントを開発しました。
1950年代(成熟期) 各メーカーが高精度の機械を開発しクロノメーターの認定を受けるべく競っていたこの年代は、ほとんどの機械に耐震装置が付き、ヒゲゼンマイも磁気の影響を受けにくい素材へと変化していきました。ROLEX以外にもほとんどのメーカーが自動巻きの機械を作りはじめました。
1960年代(完成期) 50年代に比べ、機械が薄型化されスリムな時計の生産も可能になりました。以前に比べ精度がアップしただけではなく、修理がしやすい構造になるなど完成度の高い機械が確立したといっても過言ではありません。

 1969年のクオーツショックにより一部メーカーを除き、機械式時計は衰退していきました。

 機械式時計の空洞化した数十年を経て近年また復活してきておりますが、一部メーカーに見られる手間のかかった高級時計は数百万単位の金額になり、機械式でも量産型の時計が多いのが現状です。レディースに至ってはほとんどが機械式時計ではなくクオーツ時計です。

 高い時計=いい時計ではありません。長く使える時計=いい時計だと我々は考えます。

 もちろん、クオーツ時計でも長く使えればいい時計なのかもしれません。しかし、クオーツ時計の多くはオーバーホールせずに機械自体を交換するという修理が一般的です。メーカーが10年後20年後もその機械の製造を続けていて、修理を受け付ければ問題ありませんが、どうでしょうか。メーカーで修理できなくなったクオーツ時計のほとんどは直すことができません。もちろん、機械式時計でも同じことがいえます。いずれメーカーで修理ができなくなりますが、その時計が持っている素材の丈夫さや作りによっては直すことができるのです。そのことを踏まえて考えた場合、やはり長く使うためには耐久性が必要なのです。

 とはいえ、絶対に壊れず、絶対に直すことができるわけではありません。アンティークウォッチは機械ですから、購入時の状態とアフターケアが非常に大事です。

 これらアンティークウォッチの魅力を多くの皆様と共感できれば幸いです。
先人が現代を生きる我々に残してくれた宝物を末永く継承したいと思います。